私の最近の自尊心お喋りは、今までにないく

私の最近の自尊心お喋りは、今までにないくらいの割合で、懸賞などに当選やることです。とは言っても、大した合計ではないのですが・・。媒体の年間分のモニターに当たったり、媒体のアンケートに答えて、児童用の遊具やカレンダーなどが当たったり・・。メーキャップ水やコーヒー、グッズ券(1000円側)なども当たりました。断じて、周りのみんなに大声で自慢できるほどの額面ではないですが、当事者的には、極めて嬉しいし、自尊心だったりします。

思えば、懸賞はに俺が関心を持つようになったのは、ふっと最近の事柄。昔は、「懸賞なんて応募してもどっちみち当たらないよ」というムードでした。そんな冷めていた俺が、懸賞に酔いしれるようになったのは、児童が生まれてからではないでしょうか。
まんこの臭いを対策する
児童が低いうちは、結構ピクニックしたり働いたりということもできませんので、媒体やデパートのサロンなどで目にする懸賞のチラシが目に入ったのです。「これなら空いた時間で勝てるかな?」そういった些細な本心が鍵でした。

やはり、まだまだ「稼ぐ」と言える感じは当たってませんが、でも、懸賞って、当たった当事者にとっては、なかなかうれしいものです。最近は、およそ毎月のように、何かしらプレゼントが郵便されて生じる俺・・。ここ数年、誰からもプレゼントなんて貰ったことがない俺にとりまして、懸賞は暮しの競いにもなっているし、たまに当選やることは、ちょっと自尊心だ!。

This entry was posted in 日記.