僕には幼子が自力いるのですが、その乳幼児がなんと

僕には幼子が自力いるのですが、その乳幼児がなんとか今春から幼稚園へ通うようになりました。
短く、幼稚園へ行くような年齢になるといういいのに、って夢見ていたけど、実際幼稚園が始まってみるといった、一緒にいる時間もウィークデーは少なくなって、ふと侘しいような。
も、離れているから楽になったかと言えばそうでもなく、あまり想像以上に幼稚園は機会が多いので、父母の出る終止符も多くて困難気がします。
まぁ、依然として始まったばっかりだから、徐々にどうなっていくか想像つかないのですが。
過日、マイホームに帰国した時に、幼子の習い事の筋道になりました。
目下何か習い事させているのか、というのですが、とりわけ何もさせていなくて。
僕が幼子の年齢の時にはもう、ピアノを習わせていたという妻に、ちょっと唖然ってしながらも、いくぶん焦ってしまいました。
ピアノなんて昔の習い事~って以前は思っていたけれど、本当は脳ロジカルにも、いいことが証明されているんだとか。
本当でっかの澤口教官が従前おっしゃっていたのを凄い覚えていて、幼子が生まれたらピアノを、なんて考えてたんです。
さぁ、次はいつから習わせよう、仮に嫌がったら?
私も、悩みって予想を胸にしばし考えてみようと思います。http://xn--u9ja691xp5ff3ixjsm6hpk7a.xyz/

This entry was posted in 日記.